スポンサード リンク

ラクトフェリンと免疫力

ラクトフェリンは母乳に含まれ、赤ちゃんを様々な病気から守る免疫力を補うことから、免疫力とは密接な関係があります。ラクトフェリンは赤ちゃんの免疫力を補うだけでなくその作用は非常に多岐にわたります。免疫関係への働きを中心に癌の抑制の作用や口内炎の抑制、ドライアイの改善、活性酸素の除去、頭痛や痛みの緩和など様々ですね。

ラットを使った実験では大腸がんの予防効果が突き止められるなど癌に対する効果は非常に期待ができるものになっています。今後の研究開発が進むにつれて、さらに様々な面が解明され、より具体的な働きがわかるようになるでしょう。ラクトフェリンは免疫系のナチュラルキラー細胞を活性化させ、病気への抵抗力をアップさせてくれますし、最近やウイルスの繁殖を抑制する働きもあります。細菌やウイルスが密接して増殖をするのを防いでくれたりと、さまざまな形で我々人間を細菌やウイルスから守ってくれます。

また、ラクトフェリンにはC型肝炎の症状を緩和させたりといった効果まで研究されているようで今後の医療において非常に楽しみな成分の一つです。ラクトフェリンの成分が配合された製品は、宅配や通販のものが多いですが、最近ではドラッグストアなどでもラクトフェリンを配合した製品が入手できるようです。

posted by ラクトフェリン at 13:56 | ラクトフェリンとは?

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。