スポンサード リンク

ラクトフェリン発見秘話

ラクトフェリンは1939年にヨーロッパの学者によって、牛乳から発見されたタンパク質で、赤い色をしていたことから赤いタンパク質と呼ばれていました。前の記事でも述べたように、ラクトフェリンは熱に非常に
弱いことで知られています。市販の牛乳はほとんど高温瞬間殺菌をしていますのでラクトフェリンはほとんど壊れてしまって含まれているのはごくわずかです。

唾液や涙の中にもラクトフェリンは含まれているのですが特に多く含まれているのが、出産後3日間に出る母乳、いわゆる初乳の中にこのラクトフェリンが多く含まれています。この母乳に含まれるラクトフェリンが生まれたばかりの赤ちゃんを守る重要な要素なんですね。また現代社会はストレス社会といわれるように、ストレスを感じる機会が増えてきました。人間関係や、家庭環境、仕事の問題などによって疲れやすいだとか、体がだるいだとか体調の不安を訴える人が増えてきています。

そんな中注目されているのが、この免疫関係をはじめ非常に多岐にわたる効果が期待できるこのラクトフェリンというわけですね。しかし、ラクトフェリンは熱に弱いだけでなく、酸や酵素にも弱いため成人の場合そのまま摂取しても大部分が胃で分解されてしまいます。ラクトフェリンが分解される前に、腸まで届けるということが重要になってきますね。
posted by ラクトフェリン at 14:16 | ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンと免疫力

ラクトフェリンは母乳に含まれ、赤ちゃんを様々な病気から守る免疫力を補うことから、免疫力とは密接な関係があります。ラクトフェリンは赤ちゃんの免疫力を補うだけでなくその作用は非常に多岐にわたります。免疫関係への働きを中心に癌の抑制の作用や口内炎の抑制、ドライアイの改善、活性酸素の除去、頭痛や痛みの緩和など様々ですね。

ラットを使った実験では大腸がんの予防効果が突き止められるなど癌に対する効果は非常に期待ができるものになっています。今後の研究開発が進むにつれて、さらに様々な面が解明され、より具体的な働きがわかるようになるでしょう。ラクトフェリンは免疫系のナチュラルキラー細胞を活性化させ、病気への抵抗力をアップさせてくれますし、最近やウイルスの繁殖を抑制する働きもあります。細菌やウイルスが密接して増殖をするのを防いでくれたりと、さまざまな形で我々人間を細菌やウイルスから守ってくれます。

また、ラクトフェリンにはC型肝炎の症状を緩和させたりといった効果まで研究されているようで今後の医療において非常に楽しみな成分の一つです。ラクトフェリンの成分が配合された製品は、宅配や通販のものが多いですが、最近ではドラッグストアなどでもラクトフェリンを配合した製品が入手できるようです。

posted by ラクトフェリン at 13:56 | ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンとは?

私も最近までラクトフェリンって乳酸菌の一つかなんかだと思っていたんですが意外な事にタンパク質の中の一つなんだそうです。

>ラクトフェリン (Lactotransferrin) は、タンパク質の一種。乳や涙、唾液等の粘膜からの分泌液に多く含まれる。
>ブドウ球菌や大腸菌から鉄分を奪い、菌の繁殖を抑制する効果がある。

〜wikipediaより転載〜

ラクトフェリンは母乳に多く含まれるたんぱく質ということで、我々人間が生まれてからさまざまな病気を防ぐための免疫力を身につけるための重要な働きをします。その他ラクトフェリンの効果は非常に多岐にわたり、免疫関係への働きを中心に癌の抑制の作用や口内炎の抑制、ドライアイの改善、活性酸素の除去、頭痛や痛みの緩和などにも重要な働きをするそうです。

ここまで効果の高いラクトフェリンですが、市販の牛乳や乳製品へはあまり含まれていることはありませんでした。これはラクトフェリンは熱に弱く抽出をするのが今までの技術では非常に難しかったというのが挙げられます。しかし最近ラクトフェリンを抽出する技術が開発されたようでヨーグルトをはじめとした乳製品にラクトフェリンが配合されているものが徐々にですが増えてきました。
posted by ラクトフェリン at 02:16 | ラクトフェリンとは?

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。